私がいつも診察で念頭に置くのは、目の前にいるママになりたいと願う方が、『自分の妻だったら、自分の娘だったら、この治療をすることができるだろうか、この薬を使うことができるだろうか』ということです。
“妊娠”することだけが不妊治療のゴールではありません。ご夫婦が赤ちゃんを抱き、ママになり、パパになり、幸せな育児をすることが不妊治療の本当のゴールなはず。“妊娠”はあくまで通過点なのです。→ 続きは、おち夢クリニック名古屋のホームページで!